2016年04月05日

パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書

WS000002.JPG

パチンコなんて『運』なのだから、理論なんて関係ない。


一番簡単なのは、あきらめること。パチンコで勝つか負けるか、それはあなた次第です。


パチンコを攻略しようとして・・・・


「ボーダー理論」「波グラフ理論」「ホルコン理論」「確率論」etc... 様々なパチンコ理論が存在します。


いったいどの理論が正しいのでしょうか?


WS000003.JPG

パチンコ攻略としての「ボーダー理論」


・・・1000円辺りの抽選回数が増えることにより、大当たりする期待値が増えるというもの。釘の良い台をひたすら多く回すことで、大当たりを狙っていくという理論。



パチンコ攻略としての「波グラフ理論」


・・・台そのものの波が上がってきている時に狙ったり、波が下がってくると避けるといった理論。


それぞれの理論には、それなりの理由があって論じています。





詳しくは ↓
パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書

パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書




WS000004.JPG


パチンコ攻略としての「ボーダー理論」


・・・1000円辺りの抽選回数が増えることにより、大当たりする期待値が増えるというもの。釘の良い台をひたすら多く回すことで、大当たりを狙っていくという理論。



パチンコ攻略としての「波グラフ理論」


・・・台そのものの波が上がってきている時に狙ったり、波が下がってくると避けるといった理論。


それぞれの理論には、それなりの理由があって論じています。




詳しくは ↓
パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書

パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書




WS000007.JPG

右の列にだけ、お客が座ってドル箱を持っています。


実は、この島は左右どちらの列も、同じ「北斗の拳5」なのです。


もし、確率だけでパチンコが稼働しているとしたら、このような光景にはならないでしょう。


ここには、「ホールコンピューター」(ホルコン)の存在があるのです。


元々は、ホールの出玉を管理するだけのコンピューターでしたが、パチンコ台の進化に伴い、ホルコンも進化しました。



ご存知の通り、昔は釘で調整していました。


しかし、ホールでは、現代のパチンコ台の仕組に沿って、ホルコンによる、パチンコ台の調整が必要となってきたのです。


時代の流れと共に、パチンコ台もホール経営も変わってきたのです。





詳しくは ↓
パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書

パチンコの指南書『ペンタゴン攻略2』確率論とホルコン理論の融合書






posted by kaseguyo55599 at 08:08| パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。